体には防御反応がある

人間の体は変化を嫌います。ですから、ダイエットをしていても、元の体型に戻ろうとするものなのです。

例えば極端な食事制限をするといっきに体重が減るでしょう。しかし、そんな痩せ方をしていれば、体が危険を感じて元に戻ろうとしてしまいます。

脂肪を燃焼しなくなって、逆に脂肪を蓄えようとしてしまいますからね。

このような体の機能が原因でリバウンドが起こってしまうのです。

ですからダイエットは体が拒否反応を起こさないように、ゆっくりと体重を落としていくことが大切なのです。

体が異変を感じるようなダイエットをしても成功はしません。

体型を急に変えるのは無理です。人間はそのような生き物なのですから仕方がありません。

ダイエットをしていて順調に体重が落ちていくけど、そのうち停滞期を迎えるでしょう。

この停滞期も体の防御反応によるものです。

ここで諦めずにダイエットを続けないと、痩せていくことはありません。

停滞期でダイエットを続ければ、体もそれが普通なのだと思い、体重が落ちていくものですからね。

停滞期は体が危険信号を出している時だと思って下さい。

そこでダイエットをやめて食事の量を元に戻したりすると、やっぱりいままでの生活は危険だったのかと判断し、脂肪をどんどん蓄えます。

関連記事: